山肉料理イノシシ編

イノシシ鍋です
イノシシの脂身を細かく切って出汁取りに使います。
イノシシ鍋と言うと肉を食べるものと思われがちですが、
肉は野菜を食べる為の出汁取りだと思って下さい。、
※水は最後に入れます。
味噌味です
好みのお味噌に砂糖、粉末出汁の素を四人分入れます。
ショウガが合います、
イノシシ鍋にはショウガやゴボウが合います、沢山入れましょう。大根の厚さは五ミリくらいの切りましょう。
煮込みますから根物野菜や煮崩れしない物が良いでしょう。
白菜は最後にした方が良いでしょう。
レンコンとダイコン
レンコンとダイコンを入れました。大根の葉の柔らかい部分の入れました。大根の葉も無駄にしない、これが結構美味しい。
ネギを入れました、
太いネギを入れました。
じっくりと煮込んで行きますから、大きく切りました。
※ここまで具材を入れてからお湯を入れます。
煮込みます
タカノツメが見えます、冬場の鍋の隠し味です。
煮詰めて野菜を食べますが、煮詰まって水気が少なくなれば
野菜を入れてからお湯を入れます。身体の芯から温まって行きます。イノシシ鍋の美味しさを堪能して下さい。
イノシシの塩焼き
イノシシの脂身を塩焼きにしました。ホットプレートに脂を引かずに直接焼きます、
味付けは岩塩が最高です。
『山の物には山の塩、海の物には海の塩』が合います。
少しガーリックパウダーをかけてあります。
好みによって少しだけ焼肉のタレを付けて食べてみましょう。
メッサ美味い(^^♪
モヤシ炒めです
イノシシの脂身でモヤシ炒めにチャレンジです。
美味い、もう少し肉を細く切った方が食べ易かったかな、
左はイノシシ肉を使ってお好み焼きです『最高!!』
イノシシのアラ煮
イノシシの骨はとても良い出汁が出ます、
シカの骨は全て廃棄処分されますが、イノシシの骨は野菜の煮込みやラーメンの出汁にとても良い。
骨に残った肉を甘辛く煮込んで大根を入れれば最高です。
イノシシのアラ煮が完成です
イノシシの骨を大鍋に入れて一度湯通しして、表面の汚れを落としでから煮込みます。
味付けは醤油、味醂、ザラメ砂糖、生姜、タカノツメだけ、
シカ肉も入れるとシカ肉がイノシシの脂を吸い取って本当に美味しくなります。
ゆっくり二日かけて煮込みました。
コラーゲンたっぷりです。ショウガを沢山入れると後で暖まります。
風邪引きさんには食べて頂きたい逸品です。
でも、見た目は少し良くない、まぁ・・良いさ、美味しければ(^_^.)
大根煮です
イノシシの出汁で大根を煮ました、
固めの大根を輪切りにして煮崩れを防ぐ為に面取りをして、
味が染み込むように隠し包丁を入れてジックリ二日間煮ました。美味しい物を食べるには手間と時間を掛けなくてはいけません。料理をする者にとってその時間も楽しみなのです。

戻る