山肉料理イノシシ編

イノシシ肉の赤身で鍋を作りました
イノシシ肉の切り身を皿に並べると牡丹の花のように見えることからイノシシ鍋は「牡丹鍋」と言われますが
現実は脂の乗った上級肉ばかりではありません。
イノシシの赤身で鍋を作って見ました。
味噌バター味です
冷凍のイノシシ肉を数時間常温に置き、よく切れる包丁でスライスしました。
味付けは好みの味噌と粉末出汁の素、更にトースト用のバター(シュガートースト)です。
これは本当に甘い、その分、砂糖は使いません。
お好みの野菜を入れましょう
バターを使っていますので若い方好みになります。
野菜は沢山入れましょう。イノシシの肉を出汁として冬野菜を食べる、
これがイノシシ鍋の本随です、今回は生姜を少し控えました。
ゆっくり煮込みます
冬の野菜をたくさん入れて、豆腐、糸コンニャク、ネギ、シイタケ等々
何でも入れましょう。
お湯も少し多めに入れました。
旨いとしか言いようが無い、旨い、絶品です
バター(シュガートースト)が合いました。
世の中にこれ程に旨い物が在ったのかと思うほど旨い。
高級ブランドの牛肉や豚肉など問題になりません。
やはり天然イノシシ肉に勝る物は在りません。
戻る