クマゼミの会に参加

集合場所:淀川河川敷
野食計画と昆虫料理研究家 内山昭一氏の関西一番弟子、西 一氏の企画により08年7月26日,
羽化直前のクマゼミの幼虫を捕獲して、料理から試食を体験する事になりました。
阪急電車十三(じゅうそう)駅を東改札口に下りて、十数分で淀川河川敷に出ます。
大阪の中心梅田方面が見えます、ここが西 一氏の活動拠点で、
ここは昨秋にバッタの会が催された場所でもあります。
ウナギの蒲焼
先ずは腹ごしらえと言う事で西氏が事前に釣って下さったキビエとウナギを料理して下さいました。
この場所は昨夏、
野食計画代表:松村さんがシジミ獲りをやっており、大阪の中心地に在って知る人ぞ知る、
「近場の別天地」かも知れません。
クマゼミの羽化と寿命
一般にセミ類は約6〜年間地中で成長して、7月〜9月の日没後に幼虫の姿で地上に出現、羽化して日の出を待ちます。
セミ類は地上での生存期間は最大でも20日言われて居ます、
今回我々は羽化直前のクマゼミの幼虫を捕獲して、食べてしまうと言う可愛そうな企画にチャレンジ致しました。
クマゼミの幼虫採取
日没近くになって電車で幼虫の捕獲場所、長居公園移動しました。
長居公園は大阪・日本を代表する長居陸上競技場があることで有名です。
日没後暫くすると申し合わせた様にクマゼミの幼虫は地中から這い出して、木に登り始めます。
多く捕獲するコツは野食計画初代代表 鈴木大輔氏曰く、
皆が一箇所に集まらずに散開して捕獲する事、一匹見つけたらその木を徹底的に探すこと、幹のみならず地上にも幼虫が居ます。
写真の穴はセミの幼虫が這い出した穴です。公園内の樹木の下を観察すればとても多く発見する事にキット驚く事でしょう。
ご注意
 夜間の大きな公園です、女性は単独にしないことと、
 集合場所と時間はハッキリ決めておく事が必要です。
クマゼミの幼虫
20時15分から、十数名で約一時間、200匹の幼虫を捕獲しました。
一匹なら「可愛い〜い」と言えますが、さて、200匹ともなるとさすがに「すご〜い」
思いの外の収獲です。
此れはひとえに西氏の事前調査とご準備、ご努力の結果だと確信致して居ります。
本当にご苦労様でした。
セミの寿命
無事に羽化して、羽化後の短い寿命を全うして地上に落ちれば、アリや小さな虫たちの食料にもなります、
此れも食物連鎖のひとつで哀れです。
昆虫の寿命は普通一年ですが、セミは地中に居る年数を加えると六年以上の長い寿命があり、昆虫の中では長寿と言えるかも知れません。
セミとアシナガバチ
セミの死骸に残った僅かな肉がアシナガバチの食料として役に立っている、
此れが自然の摂理と言うものなのでしょうか。
セミも食べます
我が家の裏は大きな公園になっており、早朝より多くのセミが泣きます、
この夏、ビーグル犬マー君は散歩の途中、地上に落ちて泣いているセミに興味を示し、
食べるようになりました、木にとまっているものを捕って与えると喜んで食べます、
一度の散歩で2〜4匹は食べております、
今ではマー君の貴重なカルシューム源かも?
料理:カラアゲ
昆虫料理研究家の内山昭一氏とUENO・TOMOYUKI氏はご多忙の中、東京よりお越し頂きました。
捕獲した幼虫を水洗いして、カラアゲに致しました。
味付けは岩塩を振っただけの物やチリソース味等色々です。
※只今、内山昭一氏著「楽しい昆虫料理」発売中です、
http://www.bekkoame.ne.jp/~s-uchi/musikui/musikui.html
試食です
野食計画:松村代表の試食です。
「メッサ旨い」ですか?
全員に好評でした
昼過ぎに集合して、長居公園の移動、そしてクマゼミの幼虫を捕獲しました。
それを自らの手でカラアゲにした。
捕獲してから調理、そして試食と一連の活動は正に狩猟に似ている、
此れが食を探求する者の真髄かも知れません。
戻る