イノシシの解体

解禁直後の子シシ
20年11月30日に射獲したシシです。
可愛そうって言われそうです。
20kg.弱の子シシで少し小さいけれどウサギより大きいと思えば、
40kgのシシ一頭だと思えば、脂が乗っていて、肉は柔らかく
「世の中にこんな美味しい物が在ったのですか」と愕く事請け合いです。
解体の始まりです、
射獲後その場でミゾオチにナイフを入れて、ガス抜きをして有ります。
出来るfだけ迅速に内臓を取り出し、体温を下げます。
内臓などを傷つけると肉に臭いが移るので気を付けて下さい。
シシの開きです
シシやシカの肉は「臭くて硬い」と思い込んで居られる方も少なく在りません。
正しい処理を迅速にしなければ、飼養された牛や豚も同じではないかな、

 内臓を取り出してから冷却、水洗いの完了した状態です、
日本ではアジに開きやサンマの開きは平気ですが、
四足動物の開きはチョッと馴染みが無いですね。
これから精肉に移ります。
シシの胆(膵臓)
その昔、クマの膵臓を陰干しにしたくまの胆(くまのい)は同じ重さの黄金と交換出来たそうです。
シシの胆はそれほどでは無かったのかな?
我がグループでは作っても埃りをかぶっております。
皮剥ぎです
皮剥ぎです。脂を肉に残すように丁寧に剥がして行きます、
根気のいる作業です、脂に美味しさがあるからです。
 九州や沖縄地方では皮を剥がずに熱湯を掛けてから毛を剃る、
方法もあります。私たちも何度ややった事がありますが好みの問題ですね。
ちなみに江口が皮剥ぎをすると脂肪の半分は皮に残ってしまいます。
未だ修行が足りませんかね?
骨抜きです、
シカの場合は殆ど廃棄するアバラの部分ですが、イノシシは丁寧に一本ずつ抜いて行きます、
美味しいのです。
抜き取った骨ですが、シシの場合は「煮物のだしにする」と持って返るメンバーがかなり居る点はやはり小さくてもシシはシシですね。
美味しそうです、
骨の抜かれたシシの腰肉です、
絶対に美味しいです、時期的に少し寒くなってきた11月末に獲ったシシですから
美味しいことは保証致します。

 我がグループの取り決めとして、解禁後一番に獲れた肉は当日不参加のメンバーにも
同等に分配されます、良い習慣です。
戻る