29年5月5日 更新 江口秋男のバカ話し

     背中をかいて
                     妻が「お父さん、背中を掻いて」と言いました。
                    私は傍にあった太字マジックで新聞紙に
                    『背中』と書きました。

                    「お父さん、これって会社に行ってお話しして良いかしら」
                    「どうぞ、ご自由に」



桜の咲く頃の馬鹿話し
 
  猟期が終われば、所轄署で銃砲一斉検査が行われます。 
 某署では、銃を持っては来た者が、銃所持許可証を忘れて来たとか、
       
 他では所持許可証は持って持って来ましたが、
 実包等管理帳簿を持参して居なかったとか。
 あぁ・・・狩猟者の高齢化もここまで来たのか・・・・・(涙)

 どこかで聞いた江口秋男の馬鹿話しですよ。
 私ですか、4月2日の須磨マスターズでライフル装弾を全て使用して
 ライフル装弾に関しては「残弾ゼロ」と報告致しました。

直腸疾病
 4月2日 須磨マスターズ射撃大会に参加致しました。
友人が直腸からの出血で手術が必要だと言う。

私、 「鹿を獲ったら、新鮮な直腸をあげるから使って下さい」
友人、「そんなのを使ったら、コロコロのウンチが出るから要らない」
だって"(^_-)-☆ 

俺の車と、俺の酒
 ハンターのNさんは無類の酒好き、
行きつけの鉄板焼き店は国道を挟んで、
家の向かいにあります。
帰宅してから出直すのは面倒だと、鉄板焼きで一杯飲んで、車の所へ行ったら、
お巡りさんが立っていた。
「おじさん、飲んでるようだけど車に乗ってダメですよ」

酒の入っているNさんは、
「俺の車に俺が乗って、なぜ悪い」
「酒を飲んで居るでしょ」
「俺の金で買った酒を俺が飲んでなぜ悪い」

困ってしまったお巡りさん。
「家はどこですか」?
Nさんは国道を挟んだ家を指差しました。
お巡りさん曰く
「今日は車を置いて、歩いて帰りなさい」だって、
優しいお巡りさんで良かったね。

ツキノワグマ
 兵庫県ではツキノワグマが絶滅危惧種に選定されているそうです。
しかし、保護が進み、山でツキノワグマに出会ったと言う者が増えています。

 猟友曰く
    「マチバでクマに出会ったらどうすればいいかなぁ」
 私 「襲われる前に撃って仕舞え!!」
 猟友 「無線では、どう報告すれば良いかなぁ〜」
 私 「プーさんを撃ちましたと言えばイイジャン」
 猟友 「それって、クマそのままじゃん」
 私 「笑い・・・」
  ※ 平成28年11月15日から30日間、狩猟免許を持つ人、
  一人一頭でツキノワグマを解禁する事になるそうです。

エレベーターで、
 銃砲所持更新で所轄警察に行きました。
4階へ向かうエレベーターで乗り合わせた
若い警察官は防刃ベストを着けて居た。
私は、それを右人差し指で押さえて
「夏場は暑いでしょう?」と言ったら、
「結構、暑いです」と返って来た。

 ※警察官って、大変な職業なのです。
  迷惑を掛けない様に致しましょう。

クマ騒動
 山菜採りに山へ行かれた方が、
クマに襲われる事故が多数発生して居ります。
人を襲って食する事を覚えたクマは、
人を獲物と思って居ます。
気を付けて下さい。

 ※鈴や携帯ラジオを鳴らして居ても
  効果は無いと思います。

凍り付く話し
 
 射撃場で的紙に向かって引き掛けを引いた方が、
不発だった。
もう一度、引き金を引いても、不発だった。
「おかしいいなぁ〜」と言いながら、
銃を逆さに持って、銃口を覗いた。
周囲に居た方が一斉に「わぁ〜」と叫んだ事は言うまでもありません。

暑中お見舞い申し上げます。
 犬は暑さに弱いのです。
何故って、夏でも毛皮を着て居ますから、
以前飼っていた米系ブリタニースパニエルは
散歩の途中でも田や側溝に水を見つけると
飛び込みました。
マー君は散歩から戻った時や、食事の時、
氷の無い水を出すと吠えて怒ります。
私は忘れずに氷を入れてあげます。

戻る