江口秋男のバカ話し
 
 ゾウガメが見つかった
               岡山県・渋川動物公園から逃げ出したアルダブラゾウガメが二週間ぶりに
               見つかった。
               懸賞金が50万円だったそうです。
               ハンターが言いました。
               「次の猟期はイノシシを追ってる場合じゃねぇなぁ〜」
               「そぅ〜だ、ゾウガメを追った方が良いぞぅ〜」
               「あんたら、何を考えてるゃ・・」

               玄関前の植え込みを掘り返して、冷たい土でお腹を冷やすマー君、
               おかぁ〜さんは「植木が枯れる」と叱りますが、平気。それは昨年までのお話し、
               今はクーラーの効いた部屋でのんびりです。
               クーラーを切ろうとするとマー君は鋭い目付きで睨むので、クーラーはフル稼働。               

                


  乳母車
                     歩道の中央を幅広い手押し車を押して歩く、女性の後ろに着きました。
                     追い越そうとするも、かなりな幅があって、少しイラ付いた。
                     その先は国道の歩道橋へ上がる、エレベーターです。
                     エレベーターの扉の前で、手押し車を覗き込むと可愛い赤ん坊が二人並んで乗って居た。
                     「双子ですか?  男の子ですか?  女の子ですか?」と尋ねた。
                     「男の子と、女の子です」と笑顔が返って来た。
                     「まぁぁ・・・・・   素晴らしい」  なぜか嬉しかった。

   ホームセンターで
                      ホームセンターで髭剃りの替え刃を購入しようとした。
                      陳列棚にスチールネットが掛けられて、小さな番号鍵がかかっている。
                      コンビニだけで無く、万引きの被害は深刻なんですネ。
                      
                       〔店員呼び出しベル〕を押して、鍵を開けてもらって買うようになっている。。
                      店員に言いました。
                      「この様な物も万引きされるのですね。ベルを押して来て頂くのは
                       申し訳ないので鍵の番号を教えておいてください。」と・・・。
                      「?????ダメです」

    待合室で
                       綜合病院の待合室で待っていました。
                      「〇〇〇・マリアンヌ様 外科一診にお入り下さい」 のアナウンスで
                      皆の視線は外科第一診察室に向きました。
                      八〇才は過ぎただろうと思われ、白髪で清楚なご婦人が
                      外科一診に入って行かれました。
                      「・・・・・・・・」                                                  
    ノンブラシ洗車
                      兵庫県下の寒冷地ではガソリンスタンドや洗車スタンドはブラシ洗車ではなく、
                     左右と上から高圧水を噴射する「ノンブラシ洗車」が多い。
                     
                     それはブラシ洗車では愛車に疵が付く、寒冷期はブラシが凍り着いて使用できない。
                     理由は種々あるでしょう?
                     中国道西宮北ICから三田市に向かう宅原(エイバラ)地区にある
                     「ノンブラシ洗車」の「シ」の字をスプレーペンキで消したのは誰や(+_+)
                      

  ビワ売り
                      国道沿いの露天でおじさんがビワを売っていた。
                     ビワの大きさが定まらず、小さかったり大きかったりで不揃いでした。
                     「おじさん、ビワが小さいネ。」
                     私は声を掛けました。
                     
                     「実の小さいビワはタネも小さくて、その分、果肉が分厚いのです。
                     さすがに年の功、私は何故か納得。

  背中を掻いて
                     妻が「おとうさん、背中を掻いて」と言いました。
                     私は傍にあった新聞に太字のマジックで
                     「背中」と 書きました。
                     妻曰く「おとうさん、これって、会社に行ってお話ししても良い」