江口秋男のバカ話し


   ホームセンターで
                      ホームセンターで髭剃りの替え刃を購入しようとした。
                      陳列棚にスチールネットが掛けられて、小さな番号鍵がかかっている。
                      コンビニだけで無く、万引きの被害は深刻なんですネ。
                      
                       〔店員呼び出しベル〕を押して、鍵を開けてもらって買うようになっている。。
                      店員に言いました。
                      「この様な物も万引きされるのですね。ベルを押して来て頂くのは
                       申し訳ないので鍵の番号を教えておいてください。」と・・・。
                      「?????ダメです」

    待合室で
                       綜合病院の待合室で待っていました。
                      「〇〇〇・マリアンヌ様 外科一診にお入り下さい」 のアナウンスで
                      皆の視線は外科第一診察室に向きました。
                      八〇才は過ぎただろうと思われ、白髪で清楚なご婦人が
                      外科一診に入って行かれました。
                      「・・・・・・・・」                                                  
    ノンブラシ洗車
                      兵庫県下の寒冷地ではガソリンスタンドや洗車スタンドはブラシ洗車ではなく、
                     左右と上から高圧水を噴射する「ノンブラシ洗車」が多い。
                     
                     それはブラシ洗車では愛車に疵が付く、寒冷期はブラシが凍り着いて使用できない。
                     理由は種々あるでしょう?
                     中国道西宮北ICから三田市に向かう宅原(エイバラ)地区にある
                     「ノンブラシ洗車」の「シ」の字をスプレーペンキで消したのは誰や(+_+)
                      

  ビワ売り
                      国道沿いの露天でおじさんがビワを売っていた。
                     ビワの大きさが定まらず、小さかったり大きかったりで不揃いでした。
                     「おじさん、ビワが小さいネ。」
                     私は声を掛けました。
                     
                     「実の小さいビワはタネも小さくて、その分、果肉が分厚いのです。
                     さすがに年の功、私は何故か納得。

  背中を掻いて
                     妻が「おとうさん、背中を掻いて」と言いました。
                     私は傍にあった新聞に太字のマジックで
                     「背中」と 書きました。
                     妻曰く「おとうさん、これって、会社に行ってお話ししても良い」


 
  銃砲所持者の高齢化
   猟期が終われば、所轄署で銃砲一斉検査が行われます。 
 某署では、銃を持っては来た者が、銃所持許可証を忘れて来たとか、
       
 他では所持許可証は持って来ましたが、
  「実包等管理帳簿を出して下さい」
  「実包等管理帳簿って何ですか?」・・・だって、

 あぁ・・・狩猟者の高齢化もここまで来たのか・・・・・(涙)

 どこかで聞いた江口秋男の馬鹿話しですよ。
 私ですか、4月2日の須磨マスターズでライフル装弾を全て使用して
 ライフル装弾に関しては「残弾ゼロ」と報告致しました。
 実包等管理帳簿はExcelでバッチリ作ってあります。

 直腸疾患
              2017年4月2日  須磨マスターズ射撃大会に参加致しました。
             友人が直腸からの出血で手術が必要だと言う。
             私、  「鹿を獲ったら、新鮮な直腸をあげるから使って下さい」
             友人、 「そんなのを使ったら、コロコロのウンチが出るから要らない」
              だって"(^_-)-☆

俺の酒と俺の車
           ※どのような時でも飲酒運転はダメです。
  無類の酒好きのNさんは自宅は国道を挟んである鉄板焼き屋で
  一杯飲むのが好きでした。
  いつものように一杯飲んで車に戻るとお巡りさんが声を掛けました。
  お巡りさん 「おじさん、お酒を飲んでいますね」
  N さん   「俺の金で買った俺の酒を俺が飲んでなぜ悪い」
  お巡りさん 「車に乗ってはいけません」
  N さん   「俺の金で俺が買った俺の車、俺が乗ってなぜ悪い」
  お巡りさん 「家はどこですか」
  Nさんは国道を挟んである家を指差しました。
  お巡りさん 「今日は車を置いて帰りなさい。明日も見に来ますからね。
          お酒を飲んで車に乗ってはいけませんよ」
  優しいお巡りさんで良かったですね。


  凍り付く話し
  射撃場で的紙に向かって引き掛けを引いた方が、不発だった。
  もう一度、引き金を引いても、不発だった。
  「おかしいいなぁ〜」と言いながら、
  銃を逆さに持って、銃口を覗いた。
  周囲に居た方が一斉に「わぁ〜」と叫んだ事は言うまでもありません。

 
 
 
 

暑中お見舞い申し上げます。
  
   犬は暑さに弱いのです。何故って、夏でも毛皮を着て居ますから、
  以前飼っていた米系ブリタニースパニエルは散歩の途中でも田や側溝に水を見つけると
  飛び込みました。
  マー君は散歩から戻った時や、食事の時、氷の無い水を出すと吠えて怒ります。
 私は忘れずに氷を入れてあげます。

戻る